読書会って、その場で十分楽しめます。
けれども、読書会へ定期的に参加すると……見違えるように「本が読める」ようになります。

えっ?! どんなふうになるの??

 

西宮で読書会を定期開催して1年が経ちます。
その間、ずっと継続参加くださっている方は、「読書は苦手なんですー」が読書会初参加のときのお言葉でした。

————
難しい本なんて読めません。
文字ばっかりなんて……結局読めないんです。
こんな本……絶対に手に取りません。
———–

そんな方が、今や、元国連事務総長のダグ・ハマーショルドの日記ともいえる「道しるべ」を手に取られるのです。

目次なんてありません。
もちろん、文字がぎっしり。
200ページあります。

そんな本を、たった2分で概要を掴み、10分ほどで自分の「知りたい」ことを掴みます。

その後は、本から掴んだことを、自分ごととして整理をし、今まで言葉にならなかった「こと」を、吐き出します。

これ、とても大切です。

 

感覚を言葉にすると、陳腐になります。
でも、言葉にしなければ、その気持ちを誰かに伝えることはできません。

ましてや、湧いてくる感覚だけでは、現実をつくることもできません。
言葉がなければ、その思いを実現さえることもできないのです。

 

頭の中で言葉にならないモヤモヤをくりかえすならば……
言葉に向き合うことは、とても大切だと思います。

そしてなによりも、自分のなかにある言葉だけでは、表現が陳腐になってしまうからこそ、誰かの言葉を借りるのです。

誰かの言葉を借りて、陳腐な言葉を宝物にする。
抱える感覚に合う表現を、見つけていくために、本の力を借ります。

それが、わたしの読書会。

 

形にしたい思いがある!
大切な人に伝えたい気持ちがある。
このモヤモヤ……晴らしたい!

そんな方には、最適な読書会です。

 

初めての読書会でも大丈夫!
読書が苦手でも大丈夫!
話すことが苦手でも大丈夫!
もちろん、読書好きなら、さらに本が好きになります!!

そのために、読書会のファシリテーターがサポートいたします。

あなたのご参加を、お待ちしております。

読書会のご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA